ヤリエ釣果情報
ヤリエ商品で釣った釣果報告コーナーです。皆様の報告をお待ちしています。画像送付先は左記プロフィール自己紹介記載のアドレスにお送り下さい。

10 July

ケイムライト活用/小型シーバス編

レポーター 富樫力
山形県在住

田んぼで田植えが始まると、雪解け水が流れる川よりも用水路を流れて来た水の方が温かいので、港湾や市街地を流れる小河川で30〜40cmのシーバスが釣れるようになります。

ベイトはこの時期遡上する稚鮎やウグイといった小魚なので、渓流で使う46〜56mmのシンキングミノーを使います。

ただし、そのまま使用すると釣れるシーバスに対してフックが小さいのでバレてしまいますから、オーナーの餌釣り鈎(スーパーヤマメ、きじ鈎、ぶどう虫、イワナ)の7.5号で自作した3本錨を換装しています。

3本錨の作り方は鮎釣りの錨針の巻き方と同じで、アイに20ポンドバッキングラインを使い、( 後で塗るケイムライトは下地が白の方が輝きが増しますから)白いセキイトで巻きます。

巻き終わると瞬間接着剤で固定後、シャンクの部分だけをケイムライトで塗り固めます。

これは、魚のヒレの一部が赤や黄色、白など色着いてますから、それを模したイメージで塗り始めたのですが、シーバスにとってはバイトマーカーにもなっているらしく、隣りでケイムライトを塗らずに釣りしている人がいると驚きの釣果差になります。

3本錨には昔からのヤマメ鈎やチンタメバルといったストレートポイントも試しましたが、吸引型の捕食をする小型のシーバスは吸引力が弱いようで、口先にストレートポイントがチクチク当たると警戒して追い食いしてこなくなるので駄目でした。

スーパーヤマメ、 きじ鈎、ぶどう虫、イワナといったカーブポイントの鈎を使うと何度も追い食いしてきますから、当たっても直にアワセず乗るまで待って、一定の速度で巻き続けながらスイープにアワセてください。

トレブルフックと違って鈎線径が細い餌釣り用の鈎を使っているので刺さりは抜群ですが、針先が欠けやすいので、予備の鈎を準備して釣行してください。

2018年シーズンは風が強くてサーフでの釣行がままならず、気晴らしに港湾の船溜まりで釣行したところ、例年より大きい60cmオーバーが何尾もヒットして驚いています。

港湾の常備灯と船舶の影がケイムライト効果を引き立てているのかもしれません。貴方のフィールドでも活かせると思いますので、ぜひお試しください。

タックル
ロッド:トラウト用7.2ft
リール:シマノC3000S
ライン:ヤマトヨテグス フロロ4ポンド スナップ直結
スナップ:ヤリエ グッドスナップ
ルアー:ジップベイツ リッジ56S
フック:自作3本錨(餌鈎7.5号使用)









--------------------------------------

富樫君から届きました。
フックにひと手間、ケイムライト塗布で釣果UPです。

お試し下さい(^^)


15:40:03 - yarie - -

EZラインスナップ使いました Part.2

さんざん激しいジャンプをされ、また重量感もある魚でしたが、
EZスナップは変形なしです。



****************************

淡路の櫻井くんから届きました。
マズマズの感じですね(^^)


14:22:32 - yarie - -